協会メンバー

佐々木 未穂

代表理事

パズルイングリッシュ協会 代表理事

・上智大学外国語学部を卒業、英語検定1級

・41歳の時に英会話スクールを自宅で開講

・53歳でパズルイングリッシュ協会創設

・54歳のときにエグゼクティブを対象にビジネスコーチングを開始


辻 拓也

専務理事

パズルイングリッシュ協会 専務理事

・東京大学法学部を卒業。在学中に起業し、株式会社テクロスを2009 年に設立

・その後 11 年間で年商100億・従業員 250 名の企業体へ成長させる

・2020年パズルイングリッシュ協会の専務理事に就任


辻 知英

統括マネージャー

パズルイングリッシュ協会 統括マネージャー

・大阪大学工学部、大阪大学大学院を卒業。卒業後、株式会社クボタに入社し、トラクター関連のR&D業務に従事

・その後特許事務所を経て、株式会社テクロスに入社。弁理士資格取得

・2020年パズルイングリッシュ協会の統括マネージャーに就任

協会理念

英語教育メソッド「パズルイングリッシュ」を提供し、
独自性を発揮できる場を創作することを目的とする

協会創設の理由

私は2001年41歳の時に英会話の先生になりました。700名近い多様な生徒さんに教えることで、日本語と英語の決定的な違いを発見し、既存の英語学習方法の枠組みを外し日本人が短期間で英語が話せる効果的な英語学習メソッドを創作しました。それを提供した結果、英語力が向上し、転職や留学など、これまでにない人生を切り拓く生徒さんが増えたのです。

私はこの経験を通して、当たり前のように英語を話し、世界で活躍する日本人が増えたらどんなに素晴らしいだろうと思うようになりました。しかし同時に、そんなことは自分一人ではとうてい不可能だと無力感を感じていました。

一方日本には英語が好きで英語が話せる人が沢山います。英語力はあるけれど、それをビジネスに結びつける事が出来ない人達に、「英語の教え方」や「生徒の作り方」を教え、好きな英語を仕事にするという可能性を提供したい、また私の理念に共感してくれた人に力を貸して欲しいと思いたち、2014年にパズルイングリッシュ協会を設立しました。

英語力があるのにそれを活かしていない人がいたとしたら、彼らは日本の眠れる資産です。パズルイングリッシュのインストラクターになった方々が、自分の能力を活かして好きな仕事で最高に輝く人生を生きる場を創作し、そして世界で活躍する日本人を輩出することで日本の再興に貢献するのが私の志です。

協会概要

協会名
一般社団法人パズルイングリッシュ協会
代表理事
佐々木 未穂(ささき みほ)
事業内容
パズルイングリッシュ講師の育成
パズルイングリッシュ教室の開講
教材の販売
講演・セミナー
連絡先
協会本部
東京都目黒区柿の木坂
協会事務局
東京都新宿区四谷坂町9-4 リカビル101
キマリコンサルティング内
一般社団法人パズルイングリッシュ協会

お問合せフォームよりご連絡ください。